三重県鈴鹿市の血管外科、内科、外科。下肢静脈瘤、内視鏡(胃・大腸カメラ)、生活習慣病に関する治療はすずきメディカルクリニックまで。

下肢静脈瘤治療
下肢静脈瘤治療

下肢静脈瘤とは

下肢静脈は、足の静脈血を心臓へ戻すための血管です。足から心臓に血液を一方通行で戻すために下肢静脈の中には何か所も静脈弁があります。その静脈弁(逆流防止弁)が壊れることを弁不全といいます。 弁不全が起こると静脈血が足先に向かって逆流し始め、体表から見える静脈が拡張したり、太く屈曲して見えてきます。これが下肢静脈瘤です。「下肢静脈瘤」は、静脈血管の故障といえます。

下肢静脈瘤の症状

静脈血が貯留することでさまざま症状が起こります。

  1. 外観:大腿部、下腿部、足先、様々なところの血管が拡張します。
    細い血管が見えるものから太くて蛇行した血管が見えるものまであります。
  2. 自覚症状:足のだるさ、疲れやすさ、重苦しさ、熱っぽさ、夜間のこむら返り、かゆみ、痛みなど
  3. 皮膚炎(血液貯留に伴ううっ滞性皮膚炎)症状
    色素沈着、湿疹、硬くなった皮膚、皮膚潰瘍など
下肢静脈瘤
下肢静脈瘤

下肢静脈瘤の検査

下肢静脈エコー検査

下肢静脈エコー検査|下肢静脈瘤治療

下肢静脈の診断に必須です。エコー検査は、身体に優しく、外来ですぐできます。専門医によるエコー検査を受ければ、どの静脈がどの程度故障しているのか、どのような治療を行えば治るのかがわかります。

3DCT検査

3DCT検査|下肢静脈瘤治療

当院では、さらに治療前にCT検査をお勧めすることがあります。写真のごとく圧倒的に詳しい静脈情報が得られるため、治療の質が上がり、再発を減らすことが期待できます。

下肢静脈瘤の治療

手術

当院の治療は、すべて日帰りです。
下肢静脈瘤の原因である伏在静脈の処理には、最新の血管内焼灼術(高周波・1470レーザー)と伝統的な内翻式抜去術の2種類の治療があります。そして、ふくらはぎにあるボコボコした静脈瘤は特殊な器具を使って処置します。1~2mmの傷口で1カ月経過するとほとんど目立たなくなります。一般的には多くの専門医療機関で当院と同じ上記の治療が行われています。しかし、現在広く行われているこの治療を受けても数年以内に再発してしまう場合があり、世界中でこの課題克服に取り組んでいます。再発したらまた治療しましょうという考え方もありますが、患者さんにとって何度も治療を受けるのは負担です。 当院では再発防止の取り組みとして術前に 3DCTを利用して詳細な画像検査を行い、再発しそうな静脈も同時に治療してしまう先進的な取り組みを行っております。
すべて日帰り治療で手術時間も変わりません、手術中は麻酔もしっかり効いていますし、少し眠くなりますのでとても楽に受けていただけます。 近年は、レーザーや高周波がマスコミでもよく取り上げられますが、どの治療器具を選ぶかではなく、どのような治療ができるかが大切です。 下肢静脈瘤の状態や患者さんのご希望などを総合的に判断し、最適な低侵襲(痛みがなく・傷が目立たず・安全に・確実に・短時間)治療を血管外科医が責任をもってご提案します。患者さんが長期にわたり『治療してよかった、楽になった』と実感できる治療の提供を心がけています。

下肢静脈瘤治療
血管内焼灼術|下肢静脈瘤治療

血管内焼灼術|下肢静脈瘤治療

高周波治療器 COVIDIEN  ClosureFAST|下肢静脈瘤治療

高周波治療器
COVIDIEN ClosureFAST

ELVeSレーザー1470|下肢静脈瘤治療

ELVeSレーザー1470

フォーム硬化療法

フォーム硬化療法は、主に細い静脈瘤に対して行います。

フォーム硬化療法|下肢静脈瘤治療

複合的治療

  1. 以前治療を受けたが再発してきた
  2. 血管内に血栓ができ,痛みを伴ってきた
  3. 下腿にうっ滞性皮膚炎(発赤、腫脹、疼痛、かゆみ、色素沈着、皮膚の硬化、皮膚潰瘍)がある

上記の場合は、専門医による検査や複合的な治療を行う必要があります。当院、血管外科は、下肢静脈瘤がどんな状態であろうと、しっかり治るまで患者さんに寄り添い、最適な治療を行います。一度、ご相談下さい。

手術、治療時間
血管内焼灼術:20~40分
抜去術:30~60分
フォーム硬化療法:15~30分

日帰り手術の流れ

  1. 1時間前にご来院。注射予定部位に痛み止めのクリームを塗布。
    (これで注射の痛みさえ感じずに治療を受けられます。)
  2. 15分前、着替え後、手術室へ担当看護師がご案内します。
  3. 点滴、血圧などのモニターをつけます。
  4. 手術開始(0分)
  5. 局所麻酔開始、少し眠くなります。(2~3分)
  6. 手術終了(30分)目が覚めます。
  7. 足をガーゼ、包帯、弾性ストッキングで覆います。
  8. 隣にある安静室に歩いて移動。
  9. 30分から1時間休憩します。飲食はすぐに可能です。
  10. 状態のチェックを受けて帰宅となります。 痛みはありません。普通に歩けます。お疲れ様でした。 気を付けてお帰り下さい。1~2日目に来院してください。

術後の流れ(通常)

  1. 翌日に来院します。傷のチェック、エコーによる処置した血管のチェックを行います。包帯は取れます。シャワーが許可されます。弾性ストッキングは着用してください(2~4週間)。仕事開始許可になります。
  2. 4日目診察、経過を見て問題なければ入浴が可能になります。
  3. 7日目診察、抜糸はないか、あっても1~2針です。順調な経過なら運動、入浴が可能になります。
  4. 1カ月診察 あれほど膨らんでいた血管もきれいに治ってきます。
  5. 3か月診察(省略する場合有)
  6. 1年診察

予約の案内

予約専用フリーダイヤル
0120-061-006(受付8:30~18:00)

下肢静脈瘤外来診察時間(11:30~15:30)
毎日手術枠あり

下肢静脈瘤治療に関する認定証

血管内焼灼術実施施設|下肢静脈瘤治療

血管内焼灼術実施施設

血管内焼灼術実施医|下肢静脈瘤治療

血管内焼灼術施行医

血管内焼灼術指導医|下肢静脈瘤治療

血管内焼灼術指導医

メニュー

当院について

すずきメディカルクリニック
〒513-0835
三重県鈴鹿市平野町7743-1

アクセス

TEL 059-367-0100
診療科目:
血管外科・内科・外科

診療
時間
9:00

11:30
11:30

15:30
15:30

18:00

○:外来診療
●:手術・検査
:16:30まで外来診療
休診日:
木曜日・日曜日・祝日
盆(8/13~15)・年末年始

下肢静脈瘤相談メール
suzukimc@smc-mie.com

血管外科予約専用電話
0120-061-006

下肢静脈瘤 日帰り治療 患者様の声